ホーム > 交通事故治療について

交通事故治療について

当院の得意分野である交通事故治療ご案内いたします。

事故後のツライ症状やむち打ちなどの後遺症でお悩みの方は、是非、ご相談下さい。

当院の交通事故治療3つの安心

1.運動療法やリハビリ治療を得意としています。
整形外科や接骨院で長年勤務していた為、リハビリ治療の経験は豊富です。
また当院では、根本治療を目指した計画を立て、3ヵ月程度での治癒を目標としています。
通院日数にもよりますが、現在では約70%の患者様が3ヵ月以内で治療を終了しています。
2.保険会社と今後の治療についてしっかり話合いを行います。
ケガの症状や、ご意見ご要望など保険会社の担当者様に伝え、患者様の不利益にならないよう話し合いを行います。
3.ご予約いただければ時間外でも対応。
仕事が終わるのが遅くてなかなか通えないという患者様には時間外治療を行っています。
常に安心して通っていただけるよう努めています。
お気軽にご相談ください。

もしも交通事故に遭ってしまったら・・・

みなさんは「自分が交通事故に遭ったら・・・」など、考えることなく日常生活を送っていると思われますが、事故は、突然起きてしまいます。

このページを見られている方の中には、既に事故に遭ってしまい
「何処の医療機関へ行けばいいのか?」
「慰謝料や治療費の請求はどういう流れになっているの?」
など調べている方もいらっしゃるかと思います。

まず事故に遭った場合、警察や保険会社に連絡するのは当然ですが、軽傷だと思っても必ず病院に行きましょう。

交通事故によるケガは軽症に思えても、数日~数週間後に痛みなどの症状として出てくる事があります。

その為、その場の判断で簡単に示談してしまったり、病院などへもあまり行かず、その後の後遺症に悩まされ続ける患者様が少なくありません。

見た目や痛みの度合いで、「軽傷だから大丈夫」など自分で判断せずに、必ず病院で診察や検査を受けることが大切です。

気になるとこがあれば、※全ての部位(首・肩・腰など)を診断書に書いてもらいましょう。
※後の治療で、記載部位以外は保険が適用されないなどの不利益を防ぐ為です。

また、自分が加害者となってしまった場合も同様です。
自分が加害者になってしまうと、罪の意識から自分のケガを後回しにし、病院になかなか行かないという方も中にはいらっしゃるようです。

交通事故が起きてしまうと、必ずどちらかが被害者か加害者になってしまいます。

そして車同士での事故の場合は、加害者の方も相当なダメージを受けている場合多いです。

加害者であっても、任意保険の「人身傷害特約」もしくは「搭乗者傷害補償」などに加入していれば、被害者と同様に治療費が0円で受けられる場合があります。

交通事故では様々なケースがありますが、当院では交通事故治療や慰謝料など手続きに関することのご相談を受け付けております。お気軽にご相談ください。

詳しくは、交通事故治療に関する「お役たちコンテンツ」をご参考までにご覧ください。

例えば、Aさんが5月10日から8月5日の治療期間で、その間50日の来院があった場合

5月10日~8月5日は88日

通院日数は50日×2=100日

この場合88日に4,200円をかけて369,600円となります。

自賠責保険からの怪我の慰謝料は、通院期間に1日に対して4,200円の定額と決まっています。

ただし自賠責からの怪我に対する支払いは上限が120万までと決められていますので、治療費や休業損害など、 慰謝料以外の支払いを合算して120万を超えると、120万を超える部分については自賠責からは支払われません。

この場合は保険会社は自賠責の基準での慰謝料計算を行いません。

1日4,200円の支給の根拠となる「通院期間」の認定についてはルールが定められており、 事故から治療終了までのいわゆる「総通院期間」と、 実際に通院した日数である「実通院期間」の2倍の日数のどちらか少ない日数を 「通院期間」として認定することとされています。

例えば総通院期間が180日、実通院期間が60日である場合は、180日>60日×2(120日)ですので、少ないほうの120日が通院期間として認定され、総通院期間が同じく180日、実通院日数が100日であれば、

180日<100日×2(200日)

なので、少ないほうの180日の認定となります。

つまり、「総通院期間を限度として、実通院日数の2倍を通院期間として認定する」取扱いになります。

これは、交通事故の怪我の治療は2日に1回程度は通院して、可能な限り早急に治癒に努めることが被害者の損害拡大防止義務により求められると考えられているためで、2日に1回通院していない場合は実際の総通院期間からは減額されることになるのです。

逆に2日に1回以上のペースで通院しても、その分は過剰な通院とみなされ慰謝料の増額は見込めません。

後遺障害が残った場合は別途後遺障害慰謝料が支払われます。

  • 交通事故治療 無料相談実施中!ご予約は 電話番号 0568-70-8880 お問い合わせフォームはこちらをクリックしてください。

おちあい・接骨院の様子。キッズスペースあります。

おちあい・接骨院 春日井市坂下町1-1558-2 駐車場台完備